DIY初心者が賃貸マンションの壁面収納に挑戦しました。


現在、築15年の賃貸マンションに家族3人で住んでいます。賃貸マンションだと壁に穴をあけたりできないので、DIYがなかなか思い通りに出来ません。歯痒いですね。

藁にもすがる思いでGoogleで調べたところ、「LABRICO(ラブリコ)」という商品をみつけました。いくつか使用例を見たり類似商品と比較した結果「これなら自分でもできそうだ!」と思い、実際に使用してみたところ、かなり良かったので今回ご紹介したいと思います。

ラブリコを一言で説明すると、「天井や床を傷つけずに木材を柱として突っ張ることができるDIYパーツ」です。

柱を2本立て、棚受けをビスで止めて、棚を付けると壁面収納の出来上がりです。ほかにもアイデア次第でいろいろ活用できそうです。

また、工具不要ですので、初心者でも特に苦労することなく設置できると思います。

必要なもの

●ラブリコ2×4用

●2×4の木材 ※設置する場所の床から天井までの高さから95mm短いもの

善は急げということで、行きつけのホームセンターに問い合わせたところ、商品があるとのことでさっそく天井までの寸法(2200mm)をメモって買いに行きました。

「ラブリコ」は他にも1×4用の商品もあるので間違えないよう注意します。

柱にする木材は、スギ材とSPF材があり迷ったのですが風合いがスギ材の方が好みでしたので何となくスギ材にしました。

値段もあまり変わらない(400円ぐらい)ので、どっちか迷ったときは店員さんに相談すると良いです。

事前情報からなるべく反りや節が少ないものを選びました。

必要な木材の長さが2200mmから95mmを引いた2105mmなので、8フィート(約2438mm)の長さのスギ材を購入し、カットしてもらいました。

1カット30円。すごい助かる!カットしてもらった後は、念のため寸法が合っているか自分で調べた方が良いですね。

木材をそのまま使用しても問題ないのですが、木目をしっかり残したかったのでワトコオイルも購入しました。

いよいよ、設置作業です!

①紙やすりを使用し、木材を軽く研磨

オイルを塗る前の下準備。

②ワトコオイルで塗装

ビニール袋と輪ゴムで簡易手袋を作って塗装開始。

要らない容器にオイルを出して、刷毛がなかったのでキッチンペーバーを使って塗りました。色むらが出ないようになるべく少量づつ塗布。

20分ぐらい放置して、同じ要領で重ね塗り。あとは完全に乾くまで放置。

③ラブリコを木材につけて設置。

垂直に設置するため、iPhoneの水準器アプリを使用。突っ張りすぎると傷やへこみの原因になるので、ある程度力を加えても動かない程度に固定。

④柱に棚受けをつけて、棚を設置

無事、設置完了!!特につまづくことなく作業を終えました。基本的に作業は全部1人で行いましたが、柱を設置するときは2人で設置すると安全です。

今後、棚を増設したり有孔ボードを取り付ける予定です。

今回の費用 合計 約8150円

・ラブリコ 2個 1600円

・スギ材2×4 2本 800円

・ワトコオイル 1000円

・紙やすり 200番 30円

・木材カット 120円

・棚受け 2個 600円

・棚板スギ材 2枚 4000円

ラブリコを開発している平安伸銅工業さんは、突っ張り棒で有名な老舗メーカーだそうです。突っ張り棒の他にもDIYで使えそうな商品を販売しているので、今後試しにいろいろ使ってみます。

 

●HANDSMAN 大野城店

〒816-0956 福岡県大野城市南大利1丁目5−1【地図を開く

●平安伸銅工業

https://www.heianshindo.co.jp/