3,200円でiPhoneSEのバッテリー交換をしてもらいました。


みなさん、スマホはどこのメーカーをお使いですか?

私は3年程前からiPhoneを使用しているのですが、バッテリーの減りが早くなってきて不便に感じていました。

現在アップルでは、2018年12月までの期間限定でバッテリー交換を無償 or 3,200円(通常は8,800円)で出来る事を知って、先日実際にAppleStoreにてバッテリー交換をしてもらいましたので、今回その手順と流れをご紹介します。

①Appleの公式サイトで条件を確認

出典:Apple公式HP

私のiPhoneSEはAppleCareに入っていないのですが、12月31日までなら保証対象外バッテリー交換サービスの料金が3,200円になります。2019年からiPhoneX以外のモデルは、通常価格が8,800円→5,400円に改定されるようですが、3,200円の特別価格は今年までなので、今のうちにやっておくことにしました。

②GeniousBarの予約

出典:Apple公式HP

「持ち込み修理」と「配送での修理」の2つから選べるようですが、今回は「持ち込み修理」で予約をします。

Apple公式のiPhone の修理 - バッテリーと電源ページから、「バッテリー交換を申し込む」を選択します。

「持ち込み修理」を選択します。

「場所の検索」に地名を入力すると、近隣の修理サービス店舗をリストアップしてくれます。今回は「AppleStore福岡天神」を選択します。すると、予約カレンダーがポップアップ表示されますので、来店可能な日時を選択します。これで、GeniousBarの予約は完了です。

※画像では、空きがない為選択できない状態になっています。私が予約をした際もAppleStoreの予約枠はほとんどありませんでした。予約なしでも対応してもらえるかは、実際に店舗に連絡して確認した方が良いです。

③iPhoneのバックアップ

予約完了後のメールに「来店前にiPhoneのバックアップを取ってください。」とあったので、iCloudを使いバックアップを取得します。

④来店&修理の受付

当日は少し早めに行って無印良品で買い物をし、予約日時5分前ぐらいにAppleStoreに行きました。AppleのTシャツを着ている店員さんに名前と要件を伝えるとカウンターに通され、修理の受付を行いました。

まず、保証状況の確認とiPhoneのバッテリー診断を行いました。診断の結果は85%で交換をしなくても問題ないレベルとのことでしたが、こちらが希望すると交換可能とのことでしたので、交換をお願いしました。今後も2、3年は使う予定なので。。

受け渡しの前に「iPhoneを探す」の機能をOFFにする必要があり、対象の端末の設定画面からAppleIDのパスワードの入力を行いました。その後、同意書にサインをして紙の控えをもらい、受付終了です。

基本的にパスワードの入力以外は、店員さんが操作して進めてくれます。

バッテリー交換の所要時間は2時間後との説明がありました。待っている間は、iPhoneでの連絡は取れなくなるので注意しましょう。また、当日の受け取りが難しい場合は、後日取りに行っても問題ないそうです。

⑤端末の引き取り

本屋で時間を潰し、2時間後、再びAppleストアへ。

17時ごろに行ったのですが、店内はお客さんで溢れており店員さんをなかなか捕まえることができませんでした。

控えを片手に店内をウロウロしていると、年配の店員さんに声をかけられ(ありがとう!!)、要件を説明するとカウンター席へと通されました。

紙の控えを渡した後、端末の動作確認をし、再び修理同意書にサインをしました。

引き取りの際、受け渡し間違い防止のために本人確認書類(運転免許or保険証)の提示が必要でした。

お会計(税込3,456円)をクレジットカードで支払い、AppleStoreを出ました。思っていたよりあっさり終了。

交換後、数日使用しましたが充電のもちが明らかに改善されたのが分かりました(^^)

iPhone6以降の端末をお使いで、すぐに買い替えるつもりはないという方は年末までに一度バッテリー交換しておくと良いかもしれません。

 

●Apple 福岡天神

〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神2丁目3−24 天神ルーチェ【地図を開く

●無印良品・天神大名店

〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1丁目15−41【地図を開く

●ジュンク堂書店 福岡店

〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1丁目10−13 メディアモール天神, B1~4階【地図を開く

タグ: